BLOG ブログ

2019.11.01

沖縄が誇る「琉球料理」ー豆腐よう



豆腐ようとは..
豆腐を紅麹(べにこうじ)と泡盛などを用いた漬け汁に長期間漬け込み、発酵・熟成させた発酵食品です。
琉球王朝の時代から宮廷の上流貴族の間で王府秘伝の高貴な味覚として特別に珍重賞味されていました。

ウニの風味とチーズのようなねっとりとした舌触りを合わせもった上品で濃厚な味はまさに珍味中の珍味。

中でも「紅あさひの豆腐よう」は生きた良質の紅麹を用い、かつ十分に熟成させることにより大豆臭がなく、
もはや原材料が豆腐だとは想像できないほどの深い味わいをお楽しみ頂けるようになっております。

泡盛にはもちろん、ビールや焼酎、そしてチーズみたいなのでワインにもよく合います!


▼起源


•起源は中国の「腐乳」であると考えられていて、沖縄には琉球王朝時代に中国から伝わり、 泡盛を使った沖縄独自の醗酵・熟成製法で定着したようです。

▼豆腐について


•豆腐ように利用する豆腐は沖縄で島豆腐(木綿豆腐)と呼ばれているもので、チャンプルー料理など様々な沖縄家庭料理に用いられ、島人の食生活には欠かせないものです。この豆腐は生搾り法といわれる製法でつくられ、普通の豆腐に比べると硬めで水分が少ないものですが、この特徴が豆腐よう作りにはより適しているのです。

▼紅麹(べにこうじ)とは?


•紅麹とは泡盛や焼酎造りに用いられる「黒麹(くろこうじ)」、味噌や醤油造りに用いられる「黄麹(きこうじ)」といった麹の仲間のモナスカス属糸状菌で、紅色をしているので紅麹と呼ばれています。

•弊社豆腐ようの鮮やかな赤紅色は紅麹の天然色素であり、人口着色料は一切使用しておりません。

▼実際、味はどうなの?


•濃厚な味です。また、泡盛の入った漬け汁で熟成させておりますのでもちろん泡盛の香味もあり、 お酒をまったく召し上がれない方や小さいお子様にはおすすめ致しておりません。 ですが一方、 お酒好きの方や珍味好きの方にとってはなんともたまらない深い味わいを楽しむことができるでしょう。 琉球の伝統食文化継承の逸品をどうぞご堪能ください。

月別のアーカイブ